1200社以上の導入実勢を持つ*「働き方改革」プラットフォームTeamSpiritの導入支援サービス。
勤怠管理・就業管理・経費精算・工数管理・稟議申請などの各種申請業務を、自動化したセルフサービスを行います。従業員は創造的な時間を拡充でき、管理者は社内状況をリアルタイムに把握し、統制の効いたマネジメントに専念することができます。

*2019年12月現在


働き方改革プラットフォーム「TeamSpirit」を
Salesforceスペシャリストの視点から
導入・活用サポート

業務システムを熟知した経験豊富な担当がサポート

業務システム(給与/会計/グループウェア)の豊富な導入支援経験を持つ担当者が、導入から定着化まで対応致します。法律・就業規則・システムの幅広い視点から、働き方改革の実現に向けてサポート致します。

※少人数で一社ごと丁寧に対応しておりますので、ご要望の多い時期にはお待ちいただく場合がございます。

多様な組織規模・就業規則に柔軟に対応できるプランを用意

導入支援のプランは導入する機能別に、費用は工数算出と、明瞭な設定でご用意しています。お客さま自身で導入される際のお問い合わせサポートから、コンサルティングを含めた手厚い導入支援まで、ご要望に応じた、最適なプログラムをご提供致します。

導入から定着化までともに歩みなら構築します

働き方改革に必要なシステムは、お客さま組織によってさまざま。給与計算の仕組み、会計の仕組み、就業の仕組みも異なります。稼動中の業務システムの運用状態や就業規則をベースにミーティングを重ね、ご要望に添うシステムを一緒に構築していきます。

お客さま視点に合わせた導入支援

「パソコンに詳しい担当者がいない」「システムは社内部署で構築したい」「導入に必要なものは分かるが、足りないもの・不要なものが分からない」「部門ごとの業務フローが独立し連携されていない」など、実際の導入現場でお聞きするお困りごとは千差万別。

近年ではテレワークや時短など、新しい取り組みも増えて、さらに複雑になっています。ベスト・プラクティスでは、Salesforce導入支援の実績をベースに、法律・就業規則のノウハウを加え、お客さま組織に最適なプログラムを提供致します。

導入〜活用までの流れ

まずは就業規則や、既存の業務システムの設定内容を拝見したうえで、要件定義を行います。労務・法務から、業務システム・Salesforce・TeamSpirit各システムの幅広い専門知識が必要とされるフェーズですが、これらを熟知し経験豊富なスタッフがサポートします。

次に、専用フォーマットの設定シートに記入いただき、初期データの登録を行います。動作確認と運用の検討を行いながら調整し、平均で4カ月目から本稼働となります。